宮崎で車暴走!?歩道も安全とは限らない

Pocket

JR宮崎駅前にて車が暴走して歩道に乗り上げ逆さまになって止まったという事故がありました。運転していたのは高齢者だそうです。この事故で複数人がケガをして亡くなった方もいらっしゃるようですね。この件でもそうですが歩道を歩いているから安全っていう考えは間違っていると実感します。道を歩いている以上、何があるかわからないということを頭においておかないといけませんね。とはいえ突然起こる事に対して冷静に適切な判断ができるかどうかは怪しいところですが。それにしても高齢者による事故が後を絶ちませんね。

スポンサーリンク

ついこの間も高速道路を逆走するという事件がありましたし、アクセルとブレーキを間違えて踏み込んで店に突っ込んだというニュースもありました。
車を運転する以上、年齢に関係なく安全に配慮するべきだと思います。
一歩間違えば加害者になるということを常に意識してもらいたいですね。
高齢者だから仕方がないっていうのは通用しないのではないでしょうか。
今の時代、車がないと大変不便だということは理解できますがちょっとしたミスでも命取りになるような代物です。
それなりの責任を持って運転して頂きたいと思います。
もちろん高齢者に限らず、運転者全員が注意するべきです。
若い世代の方でも無茶な運転をしている方をよく見かけます。
無理な追い越し、スピード違反、脇見運転なんて本当に危ない。
車は走り出したその瞬間から凶器へと変わる可能性を持っています。
そのことをしっかりと意識することが大切ではないでしょうか。
高齢になればなるほどに咄嗟の状況判断能力や反射神経などは衰えていくものだと思います。
それは対策のしようがない仕方のないことです。
ですが自動車学校では高齢者のための自動車講習なども行っていますしそういったものに参加するなどの配慮はしたほうがいいのではないかと思います。
他人のためだけでなく、自分のためにも安全運転を心掛けたいものです。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です