【消費者庁】ホットラインの番号を188番で案内開始 

Pocket

消費者庁が平成27年7月1日より消費者ホットラインの番号を188番(いやや!)で案内を開始していることが分かりました。消費者ホットラインに電話をすると最寄りの消費生活相談窓口に繋いでくれるというものです。皆さんはご存じでしたか?そもそもあまり馴染みがないので気にも留めてないかもしれませんが(笑)では消費生活相談窓口でどういう相談ができるのか例をいくつか上げてみます。

スポンサーリンク

・料金の不当な請求、契約
・キャッチセールス、勧誘
・迷惑でしつこいセールス電話
など消費者として困った時に利用できる窓口のようです。
私自身、インターネット契約の勧誘があまりにしつこくて精神衛生上よくないと思い相談したことがあります。
初めはどこに相談していいかも分からなかったのでインターネットで調べて初めて消費者庁の消費者ホットラインの存在を知りました。
相談してからしばらくすると勧誘の電話もかかってこなくなり大変助かりました。
そんな感じの相談窓口ですが、188番という3桁の電話番号で簡単に掛けられるようになりました。
しかし、その周知が進んでいるかというとそうでもない。
私も調べるまで知りませんでした(笑)
ちなみに認知度はたった6.4%だそうです。
割と相談件数多そうなんだからもう少し周知してもいいんじゃないかと思いますけどね。
私のように困っててもどこに相談するか分からない人も多いのではないでしょうか。
開始されてまだ日が浅いのでさらなる周知強化はするようです。
周知強化といっても具体的にどうするんだろう。
私の場合テレビはあんまりみないしインターネット上のニュースで出てなかったらたぶん今も知らないままだったと思います。
自宅に案内が郵送されてきて、「重要」とか書かれてたら読むかもしれないけど。
消費者が安全に暮らせるようにせっかくこういうサービスもあるんだから皆に知ってもらわないと!
じゃないとただの税金の無駄になってしまうと思うんですがね。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です