旭化成 株価2割減のピンチ

Pocket

旭化成の株価が10月14日と比べて2割ほど減っているということが分かった。やっぱりそうなるよなぁって感じですね。先日の旭化成建材の杭打ち工事のデータ流用の影響がもろに出ているのが分かります。やっぱり会社って信用が大切なんだなぁと実感しますね。

スポンサーリンク

一度なくなった信用を回復するのには相当な時間が必要と聞きます。
ですのでこのピンチをどうやって乗り切るのか注目するところです。
旭化成建材が関わった工事のおよそ1割ぐらい流用の疑いがあるそうです。
そうすると今後はそういったものの保障等でかなりのお金が動くのではないでしょうか。
建築関係って金額も大きいししわ寄せがすごそうですよね。
株価もこれからもっと下がるんじゃないかな?
あんまり詳しくないからよくわからないけど(笑)
こういった問題が出るとたいがい芋づる方式で別のとこで新たな問題が出てくることが多いように思います。
今のところまだニュースには出てないみたいだけど。
家とかマンションとか購入金額が大きいため、下手すると一生に1度の買い物という場合も多いのではないでしょうか。
リフォームとかでも数十万、数百万の単位なわけだし。
そんなところで適当なことされると購入者側としては怒りたくもなりますよね。
そんなにホイホイとお金出せる人も少ないでしょうし。
そういうのを笑って許せる聖人みたいな人っているのかな?
旭化成だけでなく、他のところでももっと管理体制をしっかりとやって適切な工事をしてもらいたいものです。
今回の件のようなものが原因で建物崩壊とか本当にシャレにならないと思うし。
私も不安抱えて生きるより安全に暮らしたいと思いますので!

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です