赤ちゃんと犬のほのぼの動画!

Pocket

本日ご紹介する動画は見ると思わずほっこりしてしまいます。人間の赤ちゃんと犬のほのぼの動画です!動物は本能的に弱いものを守ろうとするそうですね。古来より人間の良きパートナーである犬も例外ではありません。大きな犬と小さな赤ちゃんを一緒にするのは危ないって人もいるかもしれません。しかし、逆に遠ざけていると犬が赤ちゃんに嫉妬してしまうって話も聞いたことがあります。YouTubeの動画では赤ちゃんと犬に関する動画は山ほどあります。今回はその中の1つをご紹介します!まずはこちらの動画をご覧ください。

スポンサーリンク


いかがでしょうか?
ほのぼの出来ましたか?(笑)
最後の赤ちゃんと犬がキスをするところがかわいいですね。
それに赤ちゃんの動きをじっと観察する犬もとてもいい!
見守っているつもりなんでしょうかね。(笑)

強きものと弱きもの

私は産まれた時から犬や猫と一緒に暮らしてきました。
その当時の話を父や母から聞かされています。
タマという名の猫を飼っていましたが、産まれて間もない私が泣き出すと我先にと私のゆりかごに飛び乗っていたそうです。
そしてペロペロと顔を舐めていたんだとか。
もちろん私にその時の記憶はありません。
しかし私自身、その話を聞いて動物たちに見守られて成長してきたんだなぁと今は思います。
このように弱いものを守ろうとする動物の本能というものが確かに存在しています。
その点、人間よりも情が深いんじゃないでしょうかね(笑)
しかし一方で、赤ちゃんよりも自分のほうが偉いんだぞっていうアピールをすることもあるそうです。
例えば犬の場合はソファーなどの高いところに登って赤ちゃんを見降ろす行動も優位性をアピールするための行動という説もあります。
そのほかに赤ちゃんがある程度成長した時に甘噛みなどをすることもあるそうです。
社会の事を教えようとする行動ですね。
人間で言うとしつけにあたる行為です。
動物を飼う上ではそういった行動原理を知っておくことも必要かもしれません。

動物は心の先生?

子供の頃から犬や猫などを飼っていると、心の成長に影響が出ると聞きます。
もちろんいい意味で。
ある程度成長してくると人間の子供は世話をしようとするそうです。
ついこの間もテレビ番組でやってましたね。
飼い犬におやつをあげたりおもちゃで遊んであげたりしていました。
それはいわば相手に対する思いやりです。
動物相手とはいえ、そういった思いやりを育むことができるのは素晴らしいことだと思います。
そう考えると動物は心の先生といえるのではないでしょうか。

犬や猫は人間の良きパートナー

今回の動画をみて皆さんはどう感じられましたか?
やっぱり危ないと思いますかね?
個人的な意見としてはやっぱり自分の子供には私と同じように犬や猫と一緒に成長してほしいと思っています。
自分の子供ができればの話ですけどね(爆)
そして子供が成長した時にその時の映像を見せてあげるっていうのが私の夢です!
自分の映像がないのがちょっと残念でしたので。
犬や猫は人間の良きパートナーとなり得る存在だと思っています。
そんな存在と共に成長した子供はきっと心の優しい子に育つと信じています。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です