ダンガンロンパ発表会 大山のぶ代がモノクマになりきりメッセージを贈る

Pocket

都内で行われたダンガンロンパ発表会にて、ドラえもんやモノクマの声優を務めた大山のぶ代氏が音声メッセージで新たな肉声を披露した。「モノクマが多くの人に愛されるキャラになって嬉しい」というメッセージのほか、ダンガンロンパのキャラクターである「モノクマ」になりきり、「お前ら、今日は最後まで楽しんでいってね。途中で退席したらお仕置きだからね。うぷぷぷぷ~」とコメント。

スポンサーリンク

ダンガンロンパ発表会前の大山氏

大山氏は今年5月に認知症であることを発表していたそうですね。
若い世代でも「若年性認知症」っていってかかることもある病気だそうです。
原因は未だに分かってないらしいね。
ストレスとか病気とか色々な要因があるようです。
そんななか、現在82歳でまだ仕事をやってるんですねー。
お元気そうでなによりです。
大山氏といえばドラえもんの声優の人ってことで覚えています。
声優が変わった時にはものすごい違和感がありましたね。
大山氏の声に慣れすぎてしまってたんだわ(笑)
ちなみにドラえもんの声優は26年間も続けていたそうですよ。

ダンガンロンパとは?

「ダンガンロンパ」とはもとは裁判をテーマにしたゲームが始まりでした。
それから徐々に人気となり、今では小説やアニメにもなっていますね。
主人公が学校で起きた殺人事件を推理して犯人を探し出す。
そして校長である「モノクマ」が犯人に対してお仕置きをするという流れみたい。
私は実際にやったことはないんですけどね。
でもちょっと興味があるわ。
PSVITA版ダンガンロンパのプロモーションムービーがありましたのでどうぞ
大山さんの声も入ってます!
懐かしい声だ(笑)

病気と闘う大山さんにエールを!

大山さんの声は幼少時代から毎週聞いていました。
ですので本当になじみが深いです。
認知症は人によって様々な症状が出てくると聞いています。
そんな病気のなかで活動することは難しいことかもしれません。
できなくなったらそれは仕方のない事だと思います。
しかし個人的にはこれからも活動してもらいたいですね。
病気に負けないよう頑張って下さい!

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です