寒がりな人に朗報!改善する方法とは?

Pocket

12月に入り、寒さが益々厳しくなってきたように思います。最近は外に出たくないって思うことが多いのではないでしょうか?そんな寒がりな人に朗報です!なんと寒がりを改善する方法というのが存在しているようです!今日はその理屈を解説しようと思います!

スポンサーリンク

★寒さに強い人、弱い人

私はこんなに寒いのにあの人は全然平気そうって思ったことはありませんか?人によって寒さに強いとか弱いとかあるみたいですね。ちなみに私は寒さより暑さに弱いです!ではその違いがなぜ起こるのか考えてみたいと思います。
結論からいうと寒さに強い人と弱い人の違いは筋肉量の違いというのも1つの要因のようです。なんで?って思うかもしれませんが、一般的に筋肉量の多い人のほうがエネルギーを多く使う傾向にあるからです。
ダイエットのことを調べた事のある人は分かるかもしれませんが、リバウンドをしないためには筋肉量を付ける必要があります。その理由は基礎代謝を上げることによって脂肪がつきにくい体になるからだとか。これも同じ理屈ですよね。
つまりキーワードは「基礎代謝!」これを上げることによって体が温まるのが速くなり、結果的に寒さに強くなるってわけですね。

★具体的な対策案

上記で述べたとおり、寒さに強くなるためには基礎代謝を上げる必要があります。けど基礎代謝をあげる運動ってものきついし続かないって方が多いと思います。
そこでもう一つ、寒さに強くなる方法があります。それは「寒さに慣れること」です!何が言いたいかというと家でコタツの中に入ってぬくぬくしているうちは寒さに強くなるわけがないってことです。
これについても理屈があります。寒さに慣れている人と慣れていない人では「震え」に違いが出てくるというのです。寒さにさらされると脂肪が燃えて熱を作り出します。慣れている人この一連の身体機能が優れているのです。ですので震えがあまり起こらない。震えなくても熱を作り出すことができるからですね。つまり、寒い中積極的に外に出ていれば自然と寒さにも強くなるということです。

★まとめと考察

簡単にまとめると、「寒い中外に出て運動をしよう!」となってしまいます。でも寒さを直すためだけに運動なんて長くは続かないですよね。だったらもう一つ特典をつけましょう。
ここからは考察になるんですが、上記で説明した基礎代謝の話です。結局これを上げる事によってダイエット効果にもなるわけですよね。それだったら夏場にダイエットをするよりも冬にやったほうがはるかに効率がいいのでは?と思うのです。寒さに耐えるだけでも脂肪が燃えるっていうんだからね。
それに近年では4月5月ぐらいまで寒い時期が続いてますよね。この時期に体重を落としておけば夏のシーズン堂々と海やプールにもいけるのではないでしょうか!
いかがでしょう?少しはやる気でました?(笑)是非この記事を見たことをきっかけに寒がりの改善とついでにダイエットも成功させてみてください!

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です