飲み会の多い季節 二日酔いにならないために!

Pocket

もう12月も半ばですね。そろそろ会社での忘年会などの飲み会が始まる頃ではないでしょうか。先週飲みに行った時もやたら人が多くて入れるお店がなくて大変な思いをしました。休み前の夜に飲みに行く予定があるかたは事前に予約をしておくことをお勧めします!さて、飲み会の多いこの季節、気になるのは飲みすぎて二日酔いになることではないでしょうか。普段はあまり飲まない方でもついつい羽目を外しすぎてしまうこともあると思います。また、付き合いの上で仕方なくって方もいるかもしれませんが勧められるとなかなか断りづらいものですよね。
そうなると大事なのはやはり事前の対策または飲んだ後のケアではないでしょうか。今回は数ある中でもこれは効果があるだろうっていう対策をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

二日酔いのメカニズム

まず、二日酔いにならないためには、なぜあのような不快な症状が起こるのかを知っておく必要があると思います。そうすることで適切な改善法が導き出せると思うからです。
二日酔いの代表的な症状は、頭痛、吐き気、めまいですよね。たぶんこれを対策できればある程度マシになるんじゃないでしょうか。そこでこの3つの症状について詳しく見てみようと思います。

頭痛について

お酒を飲んで頭痛が起こる原因は、「血管が拡張され、炎症を起こす」からです。通常、血管が拡張されてもすぐに頭痛が起こるわけではありません。飲んでいる最中は気分が高揚して陽気になったりしますよね。この拡張が長く続くことによって炎症が起こり、あのズキズキと痛む頭痛へと変化していくんですね。

吐き気について

吐き気の原因の多くは恐らく「脱水」が原因ではないかと思っています。なぜかというと私が経験した中で、飲みすぎたと思う時に限ってこの吐き気に襲われるからです。
飲みすぎるとなぜ脱水になるかというと、アルコールには利尿作用があるのはよく知られていますよね。飲むとトイレが近くなるってやつです。そうすると体内の水分が多く放出され、結果的に脱水の症状が起こります。お酒の中にも水分はあるはずだと考えるかもしれませんが、飲んで補充したよりも多くの水分が消費されるようです。

めまいについて

めまいの原因は血中のアルコール濃度が高くなり、それが脳に運ばれることによって神経が麻痺するために起こるものです。べろんべろんに酔うと千鳥足になるのは脳が麻痺しているからなんですね。

症状への対策案

さて、原因が分かったところでこれら3つに対して対策案を出してみたいと思います。

頭痛の対策

原因は「血管が拡張され、炎症を起こす」でしたね。お酒を飲む以上血管の拡張は防ぎようがないと思います。ですのでいかに炎症を起こさないようにするかが重要ではないでしょうか。
そこで考えられることは拡張している血管を収縮させてあげればいいと思います。具体的にどうするかというと、「マグネシウム」、「カリウム」、「カフェイン」など、血管収縮作用のあるものを食べる、もしくは飲むことです。
例えばお酒を飲んだ後にコーヒーを少し飲むとか、アーモンドを食べるとか。他にもゴマやほうれん草などが効果的のようです。
注意するべき事はカフェインは利尿作用があるので接種しすぎると逆に症状を悪化させる可能性もあるのであくまで少量で!

吐き気の対策

吐き気の原因は「脱水」でしたね。これの対策は割と簡単に思いつくのではないでしょうか。脱水とは体内の水分が少なくなることですから、接種する水分を増やしてあげればいいと思います。
例えばお酒ばかり飲まないで間にウーロン茶とか緑茶とかを挟んであげるとだいぶ違うのではないかな。それをすることで飲酒量も抑えられるしね。また、焼酎なんかはちょっと薄めに作ってもらうとかの対策も出来ますよね。

めまいの対策

めまいの原因は血中アルコール濃度が高くなることでしたね。でしたら逆に血中アルコール濃度を高めなければいいのです。そう考えるとやっぱりアルコール摂取量つまり、お酒を飲む量を少なくすればいいはずです。
そうすると吐き気対策でも紹介した方法が効果的じゃないかな。

最後になりますが

上記で対策を紹介しましたが、上司に勧められたら飲まなきゃいけないから対策できないじゃないか!って方もいることでしょう。そんな方にお勧めなのが飲む前の対策です。主な対策としては「アルコール分解効率を上げる」
「アルコール吸収速度を抑える」です。
それを成すための方法は、飲む前に食べることです。お米や鶏肉、豆類などが特に効果的みたいですね。くれぐれも空腹状態でお酒を飲むことは辞めましょう!
それと定番なのは「ウコンの力」などのドリンクを飲むのもいいですね。こういうドリンクは飲むとき専用のドリンクなので効果的です。
以上で終わりますが、この対策で忘年会、新年会などを乗り切って頂ければと思います!

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です