ふたご座流星群観測日和?12日夜から肉眼で見る事が可能!

Pocket

流れ星ってみたことあります?私は一回だけみたことがあるけどそれ一度きりだったかな。大人になってからはめっきり空を見上げる事がなくなってきましたね。星もあんまり綺麗に見えないし。

普段星を見ない方も12日の夜から肉眼でも観測できるようになるという「ふたご座流星群」は是非みてもらいたいと思います。というのも、ここ数十年の間で最高のコンディションで観測できる年らしいですよ。

13日、14日でも1時間あたり大体30個ぐらいの流星が見える見込みらしく、一番流星が多くなるのが15日の夜とのことです。

この機会に流れ星になにかお願い事をしてみたらいかがでしょう?

スポンサーリンク

★ふたご座流星群とは?

年間三大流星群のひとつと言われています。他二つは「しぶんぎ座流星群」と「ペルセウス座流星群」というのがあります。

三大流星群の中でもふたご座が一番観測できる流星の数が多いとされているため、年間を通してみれば最大の流星群と言われています。

12月の中ごろに見ごろを迎える流星群で、毎年観測数に大きな変化がなく、当たり外れがないのが特徴です。

問題点をあげるなら冬の時期ですので見るためにちょっと寒い思いをするかもしれないってことですかね(笑)

★流れ星の迷信について

流れ星が消える前に願い事を言えたら叶うってやつですが、あれって実は科学的根拠があるらしいですよ。

流れ星っていうのはだいたい一瞬で消えますよね?だから見つけて咄嗟に願い事を言える人って少ないのではないでしょうか。

その時に願い事を即座に言える人というのは普段からその願いを強く思い描いている人だということです。

つまり、星に願いを言うから叶うんじゃなくて日ごろから目標をもってがんばっている人が結果的に成功するっていう理屈らしいです。

ああ、なるほどねって思います。では私のロト7で七億円当てて人生楽に生きたいという運頼みの願いは叶わないのか。努力の伴わないような願いは受付致しませんってことなんだろう!

というふうに錯乱状態にならないよう冷静さを保ちつつ現実をみましょう!

けど星に願い事をするってなんかロマンチックだよね。夢がある!科学的根拠は置いといてゲンを担ぐのも1つの楽しみ方だと思うな。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です