愛知県で食中毒!園児615名が下痢や発熱などの症状

Pocket

14日、食料品製造会社「玉清」が運営する工場の弁当を食べたところ、園児615名が下痢や発熱などの症状を訴えたという。このうち29人が入院までしたそうです。なお、患者の便からはノロウィルスやサルモネラ属菌などが検出された。

いやー、お店が出すものだからと安心できないですね。いつどこで感染するか分からないってことでしょ?ウイルスが入ってるかどうかなんて見た目じゃ判断できないしどうしようもないね。

さて、今回の食中毒ではノロウイルスとサルモネラ属菌などの疑いが強いみたいです。ではこれらはどうやって感染するのか見てみましょう。

スポンサーリンク

★ノロウイルス

知っている方も多いと思いますがこのウイルスは経口感染が多いと言われています。調理者がよく手を洗わずに料理を作り、それを食べたことで感染します。

また、有名なのがカキによる食中毒ですね。カキからは高確率でノロウイルスが検出されるそうです。寒くなるとカキがおいしい季節ではありますが生食には注意しましょう!

症状としては下痢や発熱、嘔吐や腹痛だそうです。どれも嫌なものばかりですね。できることならノロウイルスはかかりたくないものです。

改善策としては調理前にしっかりと手を洗うこと調理器具をしっかり消毒することです。エタノールや石鹸に対して耐性があるらしいので入念な洗浄が必要のようです。

また、このノロウイルスは空気感染もするそうです。トイレのドアノブなどからもウイルスが検出される例もあるのでこまめに手洗いはしたほうがいいかも。

★サルモネラ属菌

こっちはちょっと聞き慣れないかな。サルモネラって言ったらスッポンの生き血を煮沸消毒せずに飲んだら危ないって話は聞いたことがあります。

この菌は人や動物の消化管に生息する腸内細菌だそうです。どんなものに発生するかというと生肉、卵とその加工品、うなぎ、スッポンなどが上げられます。

症状としてはノロウイルスと似ていて下痢や腹痛、発熱などですね。

これについての対策は生食はできるだけ避けることと、卵は新鮮なものを食べることだそうです。

生食といえばたしか一時期レバ刺で食中毒が起きてニュースになってましたね。店側からしたら大きな損失じゃないかな。

私も肉については生食は食べないようにしています。昔はユッケとか好きだったんだけどね。さすがにあれだけニュースになれば抵抗が出るのも仕方ないと思うな。

この菌の特徴は乾燥に強く熱に弱いということなので、できるだけ加熱処理して食べることをお勧めします。

★病気にはなりたくない!

やっぱり誰でも病気にはなりたくないものですよね。とはいえ今回のように自分が気をつけるだけではどうにもならないようなこともあります。もし食べてから具合が悪くなったという場合は少し疑い深くなったほうが無難かもしれませんね。

やはり飲食店は特に衛生管理には気をつけてもらいたいものです。せっかくおいしいものが食べられてもおみやげでノロウイルスとかもらってきたら二度と行きたくなくなるだろうしね。

あと自分でできる対策は積極的にやることが必要です。大丈夫だろうと思って油断しているといつか辛い思いをすることになるかもしれないですよ。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です