相模原市の児童相談所 女の子を全裸にさせて所持品検査

Pocket

神奈川県の相模原市の児童相談所で、20代の女性職員2名が女の子を全裸にさせた上で下着などを検査したとのことです。というのも、施設に設置してあった意見箱から子どもたちからのアンケート用紙が1枚なくなっていた。それを探すため、施設の女の子8人を脱衣所で全裸にさせた後、所持品を検査していたとのこと。以前に一時保護中の女の子が同施設の女の子の電話番号などの情報を紙に書き、下着に隠していたことがあったことから紙については特に警戒をしていたそうです。この施設ではプライバシー保護については徹底していて、施設内の子供たちの間で氏名や連絡先の交換を制限されていたとのこと。とはいえ、やはり個人の人権を侵すようなことはしちゃいけないんじゃないかなぁ。

スポンサーリンク

人権侵害について

人権とはすなわち、「人が人らしく生きることができる権利」です。
ようするに本人が嫌なことを他人が強制して精神的な苦痛などを与えると人権侵害ってことになるんじゃないかと思います。
例えば以前に土下座の強要をしたあげくそれを写メで取ってSNSに上げたってニュースがやってたけどあれも一種の人権侵害です。あとは人種差別やいじめなんかもそうですね。
世の中探せば色んなところで人権侵害っていうのは起こっているんじゃないかと思います。
今回のケースも所持品検査で全裸って普通はしないですよね。それを強要してしまったことで女の子たちは嫌な思いをしたことでしょう。そして結果的に所持品検査を受けた女の子の1人が別の職員に相談したことで今回の事件が発覚したわけです。
プライバシー保護を徹底したいたということもあり、職員二人に悪意があったのかなかったのかは分かりませんが、何にしてもやり過ぎは良くないってことですね。

人に対して思いやりを持とう!

「人間というのは誰かの助けがなくては生きていけない」という話はよく聞きますね。自分では1人で生きているつもりでも気付かないところで誰かに助けられているものです。

生まれた時から既に社会の一部となっている人間という種族では逆に1人で生きるのはほぼ不可能なのではないでしょうか。
1人で生きていけない以上、相手の立場になって考えることが必要になると思います。
相手がどう思うか、どう感じるかを日々考えていれば今回の事件のように筋を通さず相手に強要する行為には踏み切れないのではないでしょうか。まぁ相手の苦しむ様を見て楽しむような方は例外ですけどね。
あとよく言われることは「自分がされて嫌なことは人にもするな」ってことですね。
個人的に今回の件は全裸にして所持品検査をしたことが問題なのではなく、女の子たちが納得していない状態で強制的にやったことが問題なのではないかと思いました。
なぜ全裸になる必要があるのか詳しく説明したらもしかすると彼女たちも同意してくれたかもしれませんしね。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です