年末の大掃除!ガスコンロをピカピカに!

Pocket

もうあと数日で2015年も終わりですね。そろそろ大掃除をするご家庭もあるんじゃないですか。私もやらなければいけないなぁと思いつつまだやっていません(笑)

後回しにすると後からがきついのでそろそろ始めないとね。
さて、大掃除をする上で油汚れって曲者ですよね。台所のコンロ周りなんか結構酷いんじゃないかな。普通に掃除をやってもベタベタして何回磨いても取れた気がしないし。
今回そんな頑固な油汚れを綺麗にする方法をお教えします!

スポンサーリンク

汚れについての基礎知識

まず基礎知識として汚れの種類というのは知っておいたほうがいいかもしれません。例えば油汚れなんかは酸性だと言われています。この汚れを落とすためにはアルカリ性の物質で中和反応を利用します。重曹を使った掃除法が割とメジャーじゃないでしょうか。
逆にお風呂場などの蛇口の水垢汚れなんかはアルカリ性なので酸性の物質を利用することで効果的に掃除をすることができます。クエン酸やお酢なんかが代表的だと思います。
このように化学反応を利用することで取れにくい汚れも簡単に綺麗にすることができるというわけですね。汚れの種類に合わせた掃除法を心がけましょう。

頑固な油汚れを落とす方法!

さて、それでは本題のガスコンロなどの油汚れを落とす方法をご紹介しましょう。理屈としては上記で説明した化学反応を利用します。
そこで面白いのがなんと「飲み残しのビール」を使用するというのです。ビールに含まれるビタミンEとアルコールが油を分解するため油汚れが簡単に落ちるんですね。
やり方はいたって簡単で、布にビールを染み込ませ拭くだけです。それだけで綺麗になるのですがそのままだとベタベタしたりビールのニオイが残ったりします。そこで仕上げに重曹水で拭き上げればその問題も解決します。これで終了です。手間も少ないし水だけで掃除するよりも楽になるのではないでしょうか。
大掃除ってめんどくさいけどこうやって工夫することでうんと楽になります。今年の年末は少し考えながらやるといいんじゃないでしょうか。そうやって自宅が綺麗になれば達成感もひとしおだと思いますよ!

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です