路面凍結でスリップ?11台玉突き事故

Pocket

24日の午前0時頃、福岡県で乗用車やミニバイクなど11台が玉突き事故となったそうです。まぁこの時期には車の事故は多くなる傾向にありますよね。特に今日は私の地元でも雪が積もっていますので路面が凍結していたのかもしれません。どうやら男性二人が軽傷となっているようです。大怪我をしなかったことは幸いだったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

路上凍結で注意することは

凍結しているときはスピードを出さない事が一番じゃないかなと思います。そうすれば少なくとも大事故に繋がる可能性は少なくなると思います。この時期の天気予報を前もって確認しておくといいですね。気温が低くて凍結の恐れがありそうなときはいつもより早めに出勤、通学するように心がけるといいと思います。
私の家からはどうしても下り坂がありますので学生の時は自転車で転んだこともありました。ですのでそういうときは自転車から降りて下るようにしています。それでも転ぶときは転びますがね(笑)
今回の事故は軽い勾配の道で起こっているようです。そこでバイクが転倒して他の車も次々とっていう感じですね。ちなみに道が凍結している時に急ブレーキをかけるとスリップする可能性が高くなります。道によっては信号待ちとかで坂道で止まらなければならない時もあるでしょう。もしその時ブレーキをかけていても車が滑りだしたらどう対処するかって話ですが、大事故に繋がらないように路肩に寄せるとかの対処をしたほうがいいかもしれませんね。滑りだしたら止めることはなかなか難しいようです。ですので坂道に入る前にしっかり減速して止まれる速度で運転することを意識したほうが無難でしょう。
でも一番いいのはそれなりに準備をすることだと思います。今は滑り止めのタイヤとかチェーンなんかもあるようですし、事前に凍結時の運転知識を頭に入れておけばいざってときにパニックになる可能性も少なくできると思います。

凍結時の運転テクニック

ここで簡単に知識をまとめてみました。
・急発進、急停車、急ハンドルを避ける
・カーブや曲がり角などはいつもより早めに減速する。
・下り坂の場合低めのギアで
AT車なら2レンジかLレンジがいいそうです。
・登り坂は高めのギアで
・速度を出しすぎない
・車間距離をしっかり取る
・他の車のタイヤ跡にそって運転
そんな感じでとにかく安全運転を心掛けることが必要だと思います。いくら自分が気をつけていても事故に巻き込まれることもありますので心の準備をしておくといいかもしれませんね。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です