リュウグウノツカイを食した人の感想

Pocket

リュウグウノツカイってご存知ですか?ダイオウイカの話題に触れたこともありましたがそれと並んでリュウグウノツカイも富山湾で見つかるようになったそうですよ。巨大な太刀魚みたいな外見で赤のヒレがあるのが特徴の深海魚なんですがなんと、これを食した人がいるようです。一体どんな味だったのでしょう?

スポンサーリンク

「リュウグウノツカイ」そのお味は?

リュウグウノツカイは幻の魚と言われ、見かけると天変地異が起こる前触れなんていう説もあるようです。そんなリュウグウノツカイを食した人の感想が、

・刺身で食べたら身がプリプリで甘い
・鍋で食べると甘くてツルっとした口触りでやわらかい
・臭みやクセがない
身が甘いというのが共通していますね。一方で炒めて食べた人の感想が
・歯ごたえがない
・水分が多くべちゃっとしている
・味にインパクトがない
というようなマイナスな意見も出ているようです。
そう考えると調理法によっておいしくもなれば不味くなるといったところでしょうかね。けどまぁ私は別に食べなくてもいいかなって思います(笑)
ちなみにどちらも新鮮なうちに食べたようなので時間が立ったらどんな味になるのかは分からないですね。魚は鮮度によって味が変わってしまうので。

市場に出回らない

今は水揚げされても水族館とか料亭とか主に展示用として売られているだけで食用として売られていることはないみたいです。ですので食べたいと思ってもなかなか食べられる代物ではないみたいですね。試食会とかのイベントなんかやってれば食べるチャンスがあるかもしれないけどね。
まぁそこまで美味というものでもないようなので無理して食べることもないんじゃないかと思いますね。赤いひれがなんとなくグロくて食欲もわかないし。
ちなみにああいうのみて食べれるのかどうかを考えるのは日本人の特徴らしいですよ(笑)どこかの記事でそんなことが書いてあったと思う。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です