流行の住宅 250万で買えるコンテナハウス

Pocket

マイホームって一生の買い物って感じだけど近年はその常識を壊しに掛っているようですね。なんでも巷ではコンテナハウスというのが流行っているらしい。というのも250万と安価で買えるうえに、シャワーやキッチン、トイレまでついているという大変お手頃な住宅ということです。

スポンサーリンク

なぜ安いの?

コンテナハウスっていうぐらいなのでその形はまさに港とかでよく見かけるコンテナです。あの四角い箱みたいなやつですね。そのコンテナを組み合わせて部屋を作っていくんですね。とあるテレビ番組では3つ組み合わせて3階建てっていうやり方を紹介してましたが工夫次第でいろいろとできそうな感じです。
1つのコンテナはそれほど大きいものでないため船での輸送も可能で日本全国どこでも運搬できるようです。さらに建築期間も普通の住宅と比べるとはやく終わるというメリットもあります。
そんな感じでお手軽に設置できるので費用も少なくて済むというわけですね。

運用の例

例えば夫婦二人でコンテナハウスで暮らし始めたとして、子どもが産まれてある程度大きく育った時に追加でコンテナを注文するとかもいいですね。私も子どもの頃は自分の部屋ってなかったので友達が羨ましかったな。今でも実家暮らしなので部屋はないです。ですので親はずかずかと部屋に入ってくるのでプライベートなんてないね。仕事や勉強している時も騒がしくてイライラします。
まぁそういう教育方針もあるんだろうけどひとりになりたい時って誰にでもあると思うんです。特に受験を控える子には落ち着いて勉強できるスペースは必要だと思うな。そんな時にコンテナハウスなら簡単に設置できるのでいいなぁと思いますね。
他にも資金面と相談して貯金がある程度たまってから増設するってやり方でもいいんじゃないかな。借金して返済できつい思いするよりも少しずつ無理のない程度にやりくりする。借金が嫌いな人とかならやろうと思えば一括で買える値段だと思うしちょうどいいんじゃないかと思いますね。

ご利用は計画的に!

コンテナハウスいいねーといいつつ、こういうことを言うのはどうかと思うけど様子を見ることも必要なことだと思うな。250万で買える安価な住宅とはいえ、250万って大体の家庭では大金だからね。世間ではコンテナハウスが流行しているということですが実は住んでみると意外なところが不便だったとかありそう。いきなり購入を決意するんじゃなくてちょっと一呼吸置いて自分なりに調べてみたほうが後悔しないと思うな。構造も従来の住宅と比較すると全然違うわけだし災害が起きた時の耐久性とか地盤沈下の影響がどうとか色々と考えておくほうがいいような気がするね。
流行に乗っかるのが大好きな人もいるだろうから無理強いはしないけど新しいものに手を出す時にこそ慎重になることをお勧めします。
とまぁ今回はコンテナハウスの紹介をしたわけですが、近い将来は従来の住宅がなくなってこういうのばっかりになる可能性もないとはいえないんですよね。でもコンテナハウスばかりが住宅地に並んでいるのを想像するとなんか風情とかなくなりそうね。ちょっと堅苦しいイメージがある(笑)
とはいえ選択肢が広がるという意味ではコンテナハウスも便利なものだと思いますね。この流行がどこまで続くのか注目したいところです。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です