北朝鮮 長距離弾道ミサイル発射 日本の対応は?

Pocket

また北朝鮮かって感じですが7日午前に人口衛星の打ち上げと称して事実上長距離弾道ミサイルの発射が行われました。このミサイルは沖縄上空を通過したものの、日本領域に落下しないという判断により迎撃は行われなかったそうです。長距離弾道ミサイルの発射に対し日本は北朝鮮に「日本独自の制裁を強化する」方針だそうです。

スポンサーリンク

日本独自の制裁とは?

日本独自の制裁とは言っても具体的にどんなものがあるのでしょうか。
・輸出入の全面禁止
・北朝鮮国籍者の入国を原則禁止
・北朝鮮居住者などに現金を持ち出す場合の届け出下限額の引き下げ
「ヒト・モノ・カネ」の動きを制限するような制裁法なんですね。
2014年7月には在日の北朝鮮当局者らの再入国禁止の解除を行っていますがこれについても復活させることを検討しているとの事です。
ただ制裁として効果があるのか疑問視されている方もいらっしゃるようですね。北朝鮮は日本にそれほど依存しているわけではないので中国など他国からの物資供給などがあるなら困らないんじゃないかって感じです。
実際、制裁をしているにも関わらず拉致問題についても解決していないし核実験やらなにやら次々と問題行動を起こしているわけだし改善が見られないならやる意味がないようにも感じてしまいますね。

誠に遺憾である

「誠に遺憾である」という言葉はこういう時日本でよく出てきますね。でも北朝鮮側からしたら「遺憾だから何?」って感じではないだろうか。どうもニュースとか見てると挑発的な印象を受けるんですよね。口悪く言うなら「なめられている」っていう感じ。
学校教員と生徒が似たような感じじゃないかと思いました。教師が手を出せないのを分かっているから生徒が調子に乗る。いざ手を出されたりムカつく事があれば親やPTAに訴えるという後ろ盾もある状態。教員はクビになるのが怖くてそんな生徒に強く出れない。
ようするに「やれるものならやってみろ」「口だけで大それたことはできないだろう」とかそんな風に思われているんじゃないだろうか。
注意や遺憾の意を表すだけでは効果は望めない。相手方にとって大きな不利益となるものでない限り改善がなされることはないんじゃないだろうか。
まぁ国外との交渉はそれほど単純ではないかもしれないので素人がどうこう言っても正しいかどうかは分かりませんが自分の住む地域にミサイル打ち込まれて死ぬようなことにはなりたくないですね。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です