スノーモンスター

蔵王温泉スキー場のスノーモンスター 今年は小さめ

Pocket

「スノーモンスター」ってご存知ですか?これは大きいもので4メートルにもなる樹氷や雪で完全に覆われたものでアイスモンスターともいうらしい。毎年形が違うらしく面白いとのことですが今年はちょっと小さめだそうです。地球温暖化の影響なのかな?

スポンサーリンク

★どこで見れる?

蔵王をはじめ、八甲田山、八幡平、伊吹山、氷ノ山、富士山などで見ることができ、時期は12月から3月ぐらいまでだそうです。世界的に見てもこの現象は珍しく、一生に1度は見ようと観光で訪れる外国人も多いとのことです。

今年は暖冬とも言われているのでシーズンに必ず見れるというものでもないようです。さまざまな気象的条件が揃っていないとスノーモンスターにならないし見に行くなら事前にチェックしておいたほうがいいかもしれませんね。

蔵王では夜間になるとスノーモンスターをライトアップして幻想的な演出をしているようです。友達やカップル、家族でスキーをしながらまじまじと見るのも悪くないと思いますよ。

★いろんな形のスノーモンスター

スノーモンスターってどんな形なのかって話ですが冒頭で述べたとおり、毎年形が違うようです。例えば人の形だったり巨大な生物だったりと人によってまちまちですね。私は象とかイルカのように見えました。色んな形があるので飽きずに見れるしその造形はまさに芸術といってもいいのではないでしょうか。

他にも看板とかお地蔵さんとかがすごい凍り方してたり蔵王神社も雪で覆われていたりと見どころはたくさんあるようですね。

自分なりにどんな形かを思い描きながら写真を撮るもよし、頭に焼き付けるもよし。旅の思い出話としてはいい土産ができるのではないかと思いますね。

スノーモンスター
旅をお考えの方はぜひスノーモンスターを見に行くことを候補の一つとして考えて見られては如何でしょうか。季節限定のイベントではありますがスキーをして景色を楽しみ、帰りに温泉に入るという冬の楽しみ方も割といいものだと思いますけどね。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です