サメ襲撃件数過去最高を記録

Pocket

サメ襲撃件数過去最高を記録

みんな大好きサメのお話です。2015年のサメによる襲撃が過去最高という記録が報告されました。これはサメの数が増えたからとか攻撃的になったからではなく、人口の増加によるものと考えられているようです。2016年度の人口はおよそ74億人ぐらいだそうですね。それと温暖化によって海水浴のシーズンも伸びているし海水温上昇によってサメの生息域が広がっているということも考えられますね。
さて、そんな現状ですがいったいどれほどの被害が出ているのか詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

サメの襲撃は少ない?

サメによる被害が過去最高というお話をしましたが、世界的に見ると2015年の被害は98件でこのうち59件はアメリカで発生しています。74億の人に対して98件なら意外とサメの被害って少ないってことですよね。
そして半数以上がアメリカで起こっているということはもしかすると海水浴場の管理体制に問題があるんじゃないかと思いますが如何でしょうか。まぁ山でクマに出くわすのと似たようなものだから仕方がないと言えば仕方がないのかもしれないけどね。
前に志村けんのバカ殿様に出演していた「ココリコ 田中」いわく、人間を襲うサメはほんのわずかで「メジロザメ」「オオメジロザメ」「ホホジロザメ」「ハンマーヘッドシャーク」「イタチザメ」って言ってたかな。何百種もいるなかでこれくらいならそうそうお目にかかるものでもないかもしれませんね。
そもそも私はサメがトラウマで海に入るという選択肢がないから水族館以外では一生出くわすことはないと考えています。映画みたいに陸上に現れるならその時は諦めます(笑)

サメは魅力的?

人間は怖いもの見たさってやつで恐ろしい生物でも幽霊でも見てみたいって思ってしまうものです。実際にそういうシチュエーションになったら恐怖で動けなくなるかもしれないのに不思議ですね。
サメについても同様でダイナミックにジャンプして捕食するシーンが好きとか獲物を狙って回遊している様にドキドキするって人もいるかもしれないですね。稀に捕食されたいっていうツワモノもいるようですがそこまでいくとたぶん相当好きな人なんだろうと思います。
そんな風に考えると人間は自分よりも大きいものとか強いものに憧れているのかもしれないですね。
私自身もサメは怖いですが映画を見たりテレビで特集やってるとついつい見てしまいます。
さて、そんな感じでサメの被害は世界的に見るとそこまで多いとは言えないです。海に入ってサメの被害に合った時にはよほど運が悪かったと言えるかも。そもそも毎日海に入っているアワビ業者とかサーファーなんかでもほとんど被害にあうことはないって話だからね。
サメを必要以上に警戒している人もいるだろうけど自分から会いに行かなければそれほど心配することでもないのかもしれませんね。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です