宮地嶽

宮地嶽神社 開運桜七分咲き

Pocket

福岡県福津市にある宮地嶽神社で開運桜が見ごろとなっているようです。まだ2月のなのにもうお花見のシーズンなのか。けどまだ肌寒いし外での飲み会はきついかもしれませんね。今年は暖冬だからちょっとはやく咲いちゃったみたいです。

スポンサーリンク

★開運桜とは?

宮地嶽神社では寒緋桜(かんひざくら)という種類の桜があるそうですが、このうち本殿に最も近い桜が最初に咲くという縁起のよさから「開運桜」と呼ばれているようです。

寒緋桜の特徴は鮮やかな濃いピンク色で目立つという事です。種類によってちょっとだけ色の違うものもあるようですね。花は鐘状で下向きにつけます。

また、2月25日の誕生花とされていて、花言葉は「艶やかな美人」だそうです。

★宮地嶽神社四季の花

宮地嶽神社では開運桜を筆頭に四季折々の花を見ることができます。例えば4月からは吉野桜・八重桜・山桜等が見ごろを迎え、他にも牡丹、つつじ、藤などがあります。夏になると江戸菖蒲、アジサイ、秋には紅葉などがあります。

お花見と言えば桜が代表的ではありますが参拝ついでにそういった花を見てみるのも1つの楽しみとなるのではないでしょうか。

ちなみに4月1日から10日にかけて「桜花まつり」と呼ばれるお祭りも開催される予定のようです。

★各種イベント

宮地嶽神社ではお花見意外でも楽しめるイベントがあります。その1つとして「秋季大祭」というものがあります。これは別名「放生会」とも言われ、宮地嶽神社最大の祭典です。神様のお恵みに感謝っていうのがコンセプトのようですね。

他にも花火大会や祭王による歌謡ショー、韓流スターのイベントなども行っているようです。なんだか神社って感じしないですが盛り上げるという意味では大変面白いものではないでしょうか。

 

神社って普段あんまり参拝に行く機会ってそう多くはないかと思いますがこんなイベントがあって賑わっているのならちょっと覗きに行ってみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です