駅のホームに赤ちゃん転落 一瞬の隙が命取り

Pocket

19日、JR横浜駅のホームに到着した電車に乗り込もうとした際、母親のベビーカーから赤ちゃんが電車とホームの隙間から転落しました。幸い目立ったケガもなく大事には至らなかったようです。原因はベビーカーの安全ベルトを締め忘れたことによるものとされているようです。この影響で電車は5分の遅れが発生しています。それにしても一瞬の隙が命取りになりかねませんね。乗り込もうとしたちょっとの間に転落してしまったわけだから普段からしっかりと安全に配慮しないと大変なことになるかも。

スポンサーリンク

責任は親にあり?

こういう事故の場合、だいたいは親の管理不足といわれがちだけど中にはベビーカーの製造会社や駅などの施設をもっと改良すべきという見解もあるようです。言われてみるとそうかなぁって気もしなくはないけどやっぱり赤ちゃんの親がしっかりとした安全管理をしないといけないと個人的には思うかな。
最近は子どもをほったらかしでスマホいじってるような風景もよく見かけます。小さい子どもって何するか分からないから基本目を離さないようにしといてもらわないとほんと危ない。
危ない事でも遊びの中で平気でやってたりするからね。ちなみに私が小さい頃は家の屋根に登ってそこから飛び降りる遊びをやってましたね。当時は正義のヒーローが高いところから飛び降りてやってくるのがカッコイイと思っていたのでマネしてましたが下手すると大惨事ですね(笑)

一瞬の隙が命取り

小さい子ほど興味をもつ対象が多いと言われています。特に赤ちゃんなんかは積み木やら電池やらをなんでも口の中に入れてしまいがちで下手すると飲みこんで病院行きなんてこともあり得ます。
一瞬の隙をつかれて大惨事になるケースも実際に起こっています。洗濯機や浴槽に入り溺死とかコードが絡まって窒息とかいずれもちょっと目を離した隙に事故になっているようです。
赤ちゃんは何が危険なのか理解できていません。そういうのは成長の過程で徐々に学んでいくものですのでそれまではしっかりと親が気を張っていないと命取りとなりかねません。
詳しくは分かりませんが今回ホームに落下したケースも、もしかすると赤ちゃんが何かに気を引かれて体勢が悪かったのかもしれませんね。
赤ちゃんが駅のホームに転落するケースはあんまりないようですが今回の事故をきっかけにそういうこともあるということを念頭に置いてもいいかもしれません。ちなみに14日にも別件で転落事故が発生していたようでその時はどうやら1歳の男児だったということです。
小さいお子さんのいるご家庭には危険がつきものだと改めて認識させられますね。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です