渡部篤郎 中谷美紀よりホステス選ぶ

Pocket

俳優の渡部篤郎さん(47)が来年夏にでも婚姻届を出す可能性があると報じられました。ただ、相手は結婚秒読みと言われていた中谷美紀さん(40)ではなく、銀座のクラブに勤めていた30代の元ホステスだという話です。1994年にタレントのRIKAKOさん(49)と結婚していたが2005年に離婚している経緯を持っています。中谷さんとは2003年頃から不倫の関係にあったこともあり、批判の声も上がっているようです。

スポンサーリンク

渡部篤郎さんの人物像

現在はフジテレビ系の連続ドラマ「お義父さんと呼ばせて」の娘の父親役を演じているようです。私の母いわく、娘が結婚相手として連れてきた51歳のお父さんと同い年の恋人にどうやって結婚を諦めさせるのかというところが面白いのだとか。演技派としての評価は近年高くなっているようです。
ただ人気の役者とはいえ、過去を見てみるとRIKAKOさんとはおよそ10年で離婚、中谷さんとはおよそ13年ほどで破局というようにだいたい10年ごとに女性をとっかえひっかえしているようなありさまで女性関係にはちょっとだらしないような印象を受けるかもしれませんね。
やはり渡部さんも男、若くてピチピチなほうがいいんですかね。

中谷さんとの不倫関係について

当時、不倫をしていたにも関わらずネット上では好印象のカップルと言われていたようです。というのも結婚相手だったRIKAKOさんが「無名だった渡部さんを自分が育てた」という上から目線のアピールをしていたことが嫌われていたらしく、中谷さんのほうが結婚相手としてふさわしいとのことでした。
そんなこともあり、今回中谷さんではなく元ホステスを選んだ事に対して不信感を抱いている人も少なくはないようです。
恋愛は本人の自由とはいうけれど40代になって捨てられた中谷さんのことを思うとちょっと不憫に思ってしまいますね。

最近不倫報道が多い?

現在まででも不倫報道がたくさん出ていますよね。川谷さんとベッキーさん、狩野英孝さんや宮崎議員、桂文枝さんなど多くの有名人がその対象となっています。
ちょっとしたブームになっているんでしょうか。
人気バラエティー番組『マツコ&有吉の怒り新党』で「不倫に憧れる妻が増えている現状」についてトークをしている時に、ドラマ「昼顔」による影響と覚悟なしにブームに流されてしまうとちょっとパニックになる、などと語っていました。
そんなことでポンポン不倫されても困るけど確かに「不倫ってちょっといいな」というような考え方をテレビを通して広まるっていうのもちょっとまずいような気もするね。
現実はテレビドラマとは違うし実際にやっちゃったらどうなるかちゃんと考えてみる必要があるかも。
もし仮に私が結婚していて違う女性と不倫関係にあることを想像すると慰謝料とか今後の生き方とか考えるとちょっと怖いなって思いますね。不倫する人ってそんなことを考えたりしないのだろうか。
まぁ世間からの批判だったりお金のことだったりそんな覚悟があるのなら他人がどうこう言う事でもない気はするかな。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です