アメリカで人気の犬種 ラブラドールが25年連続1位!

Pocket

22日、アメリカの米愛犬家団体アメリカンケネルクラブ(AKC)がニューヨーク市内での人気犬種トップ10を発表しました。1位に輝いたのはラブラドール・レトリーバーでAKC史上最長の25年連続首位だそうです。日本では盲導犬になる犬という認識があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

アメリカンケネルクラブとは?

アメリカンケネルクラブ、通称AKCは全純粋犬種の犬籍管理などを統括している愛犬家団体のことです。日本ではジャパンケネルクラブ(JKC)という団体があり、ドッグショーの開催、血統書の発行、公認資格の試験なんかを行っています。
犬好きの方は聞いたことあるかもしれませんね。

ラブラドール・レトリーバーとは?

大型犬で元は狩猟犬として活躍していた犬種です。現在は盲導犬や警察犬などの使役犬となっているものも多いです。性格が優しくて従順で家庭犬としても飼いやすいと言われています。
ボール投げとかフリスビーなどの遊びも大好きで一緒に過ごすパートナーとしては申し分ない犬種だと思います。
黒い体毛のラブラドールは黒ラブと呼ばれていますね。他にもイエローやチョコレート色とかも存在しています。
最近では外じゃなくて家の中で飼うスタイルも多くなったように思います。私も現在はボーダー・コリーを室内飼いしていますが大型犬も家の中で飼ってみたい。
どの犬種にもいえることかもしれませんがしっかりとしつけをしておかないと温厚な性格の犬とはいえ、引っ張り癖とか飛び付き癖とかがあると後が大変です。
子どもの頃にラブラドールを外で飼っていたことがありますが、まだ犬のしつけについて何の知識もなかった時だったので何度か散歩中に引きずられた経験があります。
体が大きい分、子どもの力では散歩も一苦労だし怪我の元になるかもしれませんよ。
最後にかわいいラブラドールの映像をお見せしましょう!
犬は表情豊かで嬉しい時や悲しい時など全身を使って気持ちをアピールしますよね。そこが犬のかわいいところだと思います。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です