桃の節句

3月3日は桃の節句!お祝いの仕方はどうする?

Pocket

3月3日は「桃の節句」と言って雛祭りを行いますよね。子どもがいるご家庭では割と知っていることかもしれませんが私のように独身の男性ということであればあまり縁がないことかもしれません。そこでいつか結婚して女の子が産まれた時のために事前にお祝いの仕方を下調べをしておこうと思う!

スポンサーリンク

★節句について

女の子は3月3日の「桃の節句」にお祝いをします。ちなみに男の子の場合は「端午の節句」と言って5月5日にお祝いするのが習わしです。

この節句というのは1年の節目のことで、元は中国の暦上の節目で奇数が重なる日に邪気を払う行事が行われていたそうですが日本に伝わる際に徐々に変化していき現在のお祝いの日となったようです。

子どもが産まれて初めて迎える節句を「初節句」と言って赤ちゃんの健やかな成長と厄除けを行うそうです。

★桃の節句のお祝いの仕方

一番気になるところは具体的になにをすればいいのかってことですよね。お祝いの仕方としては

・雛人形、桃の花を飾る

・白酒、ひなあられ、菱餅(ひしもち)を供える

・ちらし寿司、ハマグリのお吸い物などの膳でお祝い

というのが通説のようです。

 

【雛人形の飾り付け】

地域によって飾り付けも多少ことなるようです。

株式会社天鳳堂様の「天鳳堂資料室」というホームページに詳しい飾り付けの方法がありましたのでそちらを参照して頂いたほうが分かりやすいと思います。

雛人形を出す時期とかしまう時期とかその他細かい事も詳しく書いてありますのできっと参考になると思いますよ。

google画像検索より

雛人形

【膳について】

こちらも家で準備できればいいですがいまいち分からないとか自分で用意できないって言う場合はホテルや民宿などでお祝いごとに合わせた料理を出してくれるところもあるようです。また、オードブルの注文でも受け付けてくれるお店もあるようですね。

ちなみに私の弟のところの子どもが初節句なのですが食事は料亭で行う予定にしています。

 

 

節句のお祝いとか細々としたところが多数あり、ちょっと面倒ですがかわいい子どものためにしっかりとお祝いしてあげると大きくなった時に思い出となるかもしれません。

まぁ初節句の時はまだ物心もついてないでしょうから写真とかビデオに収めておくとかしておいてあげるといいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です