ブレス6

「ブレスオブファイアー6 白竜の守護者たち」 広告を見つけて絶望した

Pocket

こんにちはみなさん。ネット上の広告で見かけて絶望してしまった筆者です。カプコンのRPG「ブレスオブファイアーシリーズ」の第6作がネットワークゲーム「ブレスオブファイアー6 白竜の守護者たち」として発表されたそうです。過去作をやってきた私は今回の発表に絶望の念を抱いてしまったのでここに記します。

スポンサーリンク

★ブレスオブファイアーシリーズとは

ブレスオブファイアーシリーズは「ドラゴン」をモチーフとしたRPGのゲームです。シリーズの主人公は「リュウ」ヒロインは「ニーナ」というのがお決まりで1作目から5作目まではそれを貫いています。

システムとして面白いのは主人公のドラゴン化「竜変身」だと思います。私が特に好きなシリーズは3でジーンを組み合わせて特性の違うドラゴンに変身できるものでした。まぁジーンのシステムは3だけだったみたいですけどね。

物語としても面白かったし釣りや妖精のミニゲームなどもあり個人的に大好きなシリーズでした。5になってから戦闘システムも一新されて物語も微妙だと感じてから残念な思いをしていましたがまさかソシャゲーになってしまうとは夢にも思わなかったです。

ちなみにブレスオブファイアー6の紹介ムービーがこちら

 

「カプコンオンラインゲームズ(cogmovie)」より

 

★何が悲しいか

出会いは初代プレイステーション購入の時で初めて買ったのがこのブレスオブファイアー3でした。CMでSOPHIAの曲である「街」に合わせムービーが流れるのを見て「これかっこいいじゃん!」と思ったのが事の始まりです。

実際にプレイしてみると主人公が産まれ、ある事をきっかけにレイとティーポの二人と出会う、そこから数々の困難が訪れ竜族の謎に迫っていくというシナリオだったのですがこれが面白くてハマってしまい、1~2もプレイ、続編である4と5もやったという流れでした。

個人的には4までは前作と比較してみても大きな変化もなく、まだ面白いと思えるレベルでしたが5になるとその影はなくシナリオもなんか手抜きみたいに感じてしまいました。

しかしこれまでの実績があるので6に期待をしていたところ今回の広告を見て絶望したというわけです。

ソシャゲーは確かに儲けれる分野だとは思いますがブレスシリーズに関してはオフゲーでもっと頑張ってほしかったという思いがあったので余計残念に思ってしまうんですよね。

時代の流れから見ればソシャゲーに参入するのは自然な流れなのかもしれませんがひとりのファンとしていうなら裏切られた感が少なからずあります。

 

 

まぁカプコンに限らず、スクエニのファイナルファンタジーも11からオンラインゲームとなって購入意欲が削がれたこともあるし仕方がないことなのかもしれないですね。

必ずしもユーザーの思い描く通りのものが出来あがるとは限らないしもしかするとソシャゲーのブレスオブファイアーもやってみると面白いのかもしれない。

私の中から1つの好きなタイトルが消えてしまうのは残念ですがとりあえずはこの絶望を胸に今後に期待したいと思いますね。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です