医療費控除

確定申告の豆知識!医療費控除で所得税還付を受けよう!

Pocket

もうすぐ確定申告も終了ですね。皆さんはもうお済みなりましたか。私は昨年に贈与を受けたのですが慣れない手続きだったので色々と大変でした(笑)

さて、サラリーマンなどの方は年末調整があるので確定申告には縁がないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが実はそんな方でも場合によっては所得税の還付を受けられることがあるのです。それが控除の項目「医療費控除」っていうものです。

スポンサーリンク

★医療費控除とは?

簡単に言えば病院の治療代の一部を所得から引けますよってことです。病院代が多くかかったという時に年末調整の源泉徴収票と医療費の領収書を持って確定申告をすれば所得税の還付を受ける事ができます。

これは医療費控除対象外だろうと思っているものでも実は対象だったということもあるので大きな金額がある場合は是非税務署に聞いてみる事をお勧めします。

ちなみにどれくらいの控除があるかというと下記の通りです。

 

国税庁HPより引用

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。

(実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額

  1. (1) 保険金などで補てんされる金額

    (例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など

    (注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。

  2. (2) 10万円
    (注)その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額

 

この計算で出した金額を所得金額から差し引いて所得税を計算すると年末調整で出した所得税と差が生じるので所得税が還付されるというわけですね。

★医療費控除対象の治療

医療費控除は自分の分だけでなくて生計を一にする家族の分も対象となります。ですので領収書をかき集めると対象になる場合もあると思います。

しかし申告しようにもどんなものが医療費の対象になるのか分からないですよね。

そこで分かりづらいものをピックアップしてみました。

 

【対象となるもの】

・インプラント治療、レーシック手術、風邪薬、整体施術・・・etc

【対象とならないもの】

予防接種、美容整形、レントゲン、健康診断、健康サプリメント・・・etc

 

ようするに医師が病気の治療として必要と判断するものは対象で健康のためや予防のためっていうのは対象外って覚えておけば大体分けることができると思います。

ただ例外というのもあるので詳しくは国税庁のHPを見てみるなり税務署に電話して聞くなりしたほうが無難かと思います。正直分かりにくいものも多くあります。

とりあえずは病院の領収書などをむやみに捨てずに確定申告までどこか分かりやすいように一箇所にまとめておく事をお勧めします。特に手術とかは高額になりがちなので申告すれば結構な金額を還付してもらえたりする場合もありますし、住民税とかも安くなります。

 

 

いかがだったでしょうか。今まで確定申告に興味がなかった人も少しはやってみようという気になりましたか?自分で申告書を作成できる方は郵送でも構いませんし税務署に領収書や源泉徴収票を持って行けばパパッとやってくれるはずです。

確定申告は難しいというイメージがありますが医療費控除ぐらいなら簡単に出来ますのでチャレンジしてみるといいですよ。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です