浜松の公園でイノシシ襲撃 出会った時の対処法は?

Pocket

8日、浜松市浜北区尾野の静岡県立森林公園内にてイノシシに襲撃される事故が発生しています。この事故で9人が腕やふとももを噛まれるなどしてケガを負ったとのことです。このイノシシですが体長はおよそ60センチと小さなイメージですが実際襲われるとなると大惨事になるんですね。というわけで今回は不運にもイノシシに遭遇してしまった場合の対処法を見てみましょう。

スポンサーリンク

イノシシと出会ってしまったら

まずイノシシと出会ってしまった場合は刺激を与えないように注意することが必要です。大きな音を立てたり急に動いたりしてしまうとかえってイノシシを興奮させてしまうことになりかねません。イノシシに向かって物を投げたりとか威嚇したりとかはもってのほかです。
落ち着いてその場からゆっくりと離れていくようにするのが得策だそうです。走って逃げたとしても相手は時速40キロぐらいで追ってくるのでそれ以上の脚力と膨大な体力がある人以外はまず逃げられないでしょう(笑)
逃げる時は背中を見せずに常に警戒しておくことが大切だそうです。近くに登れる木があればそこに避難してやり過ごすのも有効な手段とのこと。
特に犬を連れている場合はイノシシがすぐに敵と判断する場合もあるので極めて危険です。犬は家族という考えを持っている人もいるでしょう。ですので放して逃げて下さいって言っても実行できないでしょうからそういう方は極力イノシシと出会わないように山とか藪とかを散歩コースから外すなど工夫をしたほうがいいと思います。
最近では住宅街で目撃されたというニュースもあるくらいですので、絶対に出会わないとは言い切れないのが現状かと思います。、ですので通い慣れた散歩コースなら周りに逃げられる場所がないか目星を付けとくとか地域の情報でイノシシが出没していないか事前に調べるとか工夫をしておいたほうがいいのではないでしょうか。
ちなみにイノシシは鋭いキバを持っていて噛まれると大ケガすることは間違いないでしょう。それに60キロほどのものなら動かしてしまうほど強い力も持っています。
参考までに狩猟犬がイノシシに跳ね飛ばされている動画を見つけましたので載せておきます。間違っても自分がこんな目に合わないようにしたいものですね。

Youtube動画 【イノシシに跳ね飛ばされる猟犬レイ君.3gp】より

イノシシは狡猾な生き物

イノシシは人間が思っているほどバカではありません。たまたま住宅地に出てきたイノシシにかわいいからと言って餌を与えると味をしめて何度もやってくるようになります。
これはイノシシに限った話ではありませんね。野良猫に餌を与えているせいでかなりの数が集まって道を塞いでしまうとか最近の話題ではハトに餌をやるおじさんがテレビで報道されていて住民が迷惑しているという話もあります。
よかれと思ってやっていることが実は他人の迷惑になっていることって結構あるので心当たりのある方は気をつけておいたほうがいいと思います。
それがきっかけで重大な事故が起きてしまうと後味が悪いでしょうしね。
私の個人的な意見としては動物に対して責任を持てないのなら野良であろうともむやみに関わるべきではないと考えます。
またイノシシは畑を荒らしたり生ごみをあさったりと自分たちで餌場を見つけてその場所をしっかり覚えているんですね。畜生だからと思って甘く見ていると大損害を被ることにもなりかねないですね。
イノシシとかには極力出くわしたくないものではありますが、もし万が一遭遇してしまったら今日の記事の内容を思い出して冷静に対処して下さいね。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です