google検索窓に動画 今日は「国際女性デー」

Pocket

今日はgoogleの検索窓口を開くとロゴの部分に動画がありました。動画を見てみると世界の女性たちが「私はいつか~」と夢を語っています。

さて、調べてみると3月8日は「国際女性デー」と呼ばれる記念日だということが分かりました。googleの動画のある場所をよく見ると検索窓の下あたりにちゃんと書いてありましたね。今日は一体どんな記念日なのか詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

国際女性デーとは?

ウィキペディアより引用

1904年3月8日にアメリカ合衆国のニューヨークで、女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こした[要出典]。これを受けドイツの社会主義者・クララ・ツェトキンが、1910年にコペンハーゲンで行なわれた国際社会主義者会議で「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念の日とするよう提唱したことから始まった。

国際女性デーにちなむ最大の事件は、1917年にロシアで起こった二月革命であろう。国際女性デー(当時ロシアで使われていたユリウス暦では2月23日にあたる)に首都ペトログラードで行われた女性労働者を中心としたデモは、男性労働者、更には兵士を巻き込んだ大規模な蜂起となり、最終的には帝政を崩壊に追い込んだ。

日本では1923年3月8日、社会主義フェミニスト団体赤瀾会が初の集会を開催。国連は1975年(国際婦人年)の3月8日以来この日を「国際婦人デー」と定め、現在は国連事務総長が女性の十全かつ平等な社会参加の環境を整備するよう、加盟国に対し呼びかける日となっている。

2000年には、国連人権高等弁務官のメアリー・ロビンソン(Mary Robinson、アイルランド初の女性大統領)が21世紀に向けて「女性が権利の獲得に向けたこれまでの歩みを祝うと同時に、女性被害者は、いまだに跡を絶たないことを想起する日」であると言明する文書を発表した。

イタリアでは女性が互いにミモザ(ギンヨウアカシア – Cootamundra wattle)の花を贈り合い(もともと男性が女性に贈る習慣がある)、この季節を迎えると街中にミモザの花がみられる。

国際女性デーという割に日本ではあまり馴染みがないように思いますね。私自身今まで生きていて初めて聞きました。
日本では国を挙げての大イベントというのは行われていないようです。バレンタインとかクリスマスとかと違って販促効果が薄いから盛り上げようって人がいないのかな?
中国やロシアではこの日は祝日となっているそうです。また他の国ではパレードなんかも行われて結構盛大にやっているようですね。
その点でいうなら日本は他の国と比べて遅れているのかもしれませんね。
花屋の組合とかが頑張ってイタリアみたいにミモザの花を買わせるぐらいの気概があったほうがいいのではないでしょうか。

google画像検索よりミモザの花
ミモザの花.jpg

日本の女性の待遇は?

日本では今でこそ女性も平等という考え方が定着しつつありますが昔は結構差別的な考えを持つ人が多かったようです。
「男は働き、女は家事を」みたいな風潮は今でも多少残っていることでしょうね。
けど今はそういう考えも古いものだと思っています。女性が上司となる職場も多く存在するし今や旦那よりも稼いでいる人っていうのも珍しくないですしね。
結婚話とかになるとよく聞くんですけど「今は女性のほうが強いからね。」って言われます。女性の社会進出がまだされていない頃は結婚してて離婚するとなると女性側は収入源の確保ができなかったはずです。
そうなると離婚したいと思ってもそう簡単に決断することはできなかったと思うのですが今では女性の働く場もかなり多くお金に困る事も少なくなり、もはや必ずしも一緒にいる必要がなくなっていると分析します。
そう言った理由から現代の離婚数の増大に繋がっているのかもしれませんね。ですので昔のように旦那さんが「亭主関白」だと愛想尽かされたらすぐ離婚なんてことにもなりかねないのかも。

日本の亭主関白について

私の地元では昔は「炭坑」で栄えていました。私の父もそこで働いており当時は給料や待遇もかなり良かったと聞いています。
そのこともあって母から話を聞いたことがあるのですが、炭坑での業務はいつ死ぬか分からないような仕事だったので炭坑夫の奥さんはそれを覚悟しておく事、そして旦那のいうことには絶対に逆らわないようにと教わっていたそうです。
炭坑が閉山した今では父も家事をやるしそこまで母に対して高圧的な態度を取ったりはしません。とはいえ炭坑夫時代の名残なのか遊び癖はいつまでたっても抜けませんがね(笑)
今でも文字通りの命がけの仕事はあると思います。例えば警察とか消防士とかそうじゃないかと思います。
実際にその方々の話を聞いたわけではありませんから分かりませんが、少なからず亭主関白になりがちな方っていうのはそういう理由のある方ではないかと考えます。
全部が全部そうとは限りませんけどね。環境によって多少考え方が違う部分もあるのではないかということです。
女性の立場を主張するのは良い事だと思いますが裏の背景を考えずに全てが同じだと主張していると痛い目をみるかもしれないと考えています。
国際女性デーは世界で決められた記念日、日本でも何かやったほうがいいんじゃないかと思うけどな。その点googleはそういうところにしっかりと対応していて進んでるなぁって感心します。
私たちも国際女性デーの日は平等ということについて少し考えてみるのも悪くないんじゃないかな。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です