フェイスブック

フェイスブック乗っ取られた! 対処法について

Pocket

先日、当ブログでも利用していたフェイスブックが何者かに乗っ取られました。幸い料金が発生するような事はなかったのですが海外の複数の人に友達申請が送られていました。書いた記事を毎回アップしていたのですが効果が薄いためアカウント停止にしましたけどね。ただやはりこういった不正が身近にあるのだと実感しました。そこで今回は乗っ取られた時の対処法事前の対策について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

★乗っ取られたら?

今回の私のケースですが、乗っ取られた後のフェイスブックは英語表記に変えられていました。ですので設定の変更をする作業を一番初めに行いました。

英語が読めないとなかなか探すのも大変でしたね。ひたすら「Language」という文を探してクリックしまくりました。

なんとか見つけて日本語表示にしたら次はパスワードの変更です。前のままだとまたすぐに不正アクセスされていまいますからね。

パスワードを変更したら今度はログインの通知設定をしました。これで他の誰かがアクセスしたのがすぐに分かるという寸法よ!

ここまでやったら後は変なアプリが入ってないかの確認とかお金のかかることがないかの履歴確認、勝手に申請を送られていた友達の削除とかして終了しました。

その後不正アクセスを誰かが試みたようでアカウントが停止されてしまいましたがもうめんどくさいのでそのまま停止を受け入れることにしました。

復活させたい場合はフェイスブックに申し立てフォームから申請を行って調査をしてもらい、不正アクセスがあった旨を伝えるといいようですね。

詳しくはフェイスブックのヘルプから調べたほうがいいかと思います。スマホでの操作とパソコンでの操作には違いがあるようですのですので。

★事前の対策について

何事も乗っ取られる前の対策が重要かと思います。定期的にパスワードを変更したりフェイスブックのログイン通知機能やログイン承認機能なんか便利だと思います。

通知機能は別の端末からはじめてログインしようとした時にメールで通知してくれる機能なので不正アクセスがあったらすぐ分かるようになります。

ログイン承認機能はIDやパスワードが合っていたとしてもさらにコードを入力しなければならないという2段構えのセキュリティ機能です。これなら簡単に不正利用はできなさそうですね。

また、フェイスブック以外のサービスを利用している場合は同じパスワードにしないようにしたりすることも重要とのことです。

出来るだけ被害に合わないように少し手間はかかるけどこういった対策をしておいたほうが安心かもしれませんね。

 

 

今回私もまさか乗っ取られるとは思っていませんでした。始めたばかりで友達もいなかったしお金がかかるような事もなかったので被害も少なかったですが、積極的に利用している人ならばそれだけ影響も大きいでしょう。

みなさんも被害に合わないように気をつけて下さいね!

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です