「ロキソニン」 重大な副作用を追記か!

Pocket

第一三共が提供している「ロキソニン」という医薬品をご存じでしょうか。腰痛や歯痛などの痛みを抑える鎮痛剤として販売されているものなのですが、厚生労働省が重大な副作用としてあることを追記をすることを指示したとのことです。さて、それではその追記された「あること」とは何なのか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

追記された「重大な副作用」とは?

風邪薬などの副作用では眠くなるというのはよく知られていますよね。その程度の副作用なら何も問題はないのですが今回のロキソニンの副作用はちょっとシャレにならない感じです。
では厚生労働省がどんな追記を指示したのか見てみましょう。
小腸・大腸の狭窄・閉塞
なんか恐ろしいことが書いてあるんですけど・・・
腸閉塞とは、腸がせまくなり食べたものが腸の中に留まる病気らしいです。そして腸を進めなくなった内容物は口のほうに逆流し嘔吐したりするのだとか。
また、激しい腹痛も起こりおなかも張った状態になります。症状が酷いとショック状態になることもあるそうです。
こんな恐ろしい副作用があるんだったら誰も買わなくなるような気がするけど・・・
今現在ロキソニンを服用している人は頻繁に使用するのは避けたほうが無難かもしれませんね。

薬は治すものではない

お医者さんに聞いたことですが薬はあくまで症状を抑えるためのもので治すものではないのだそうです。
ようするに人間の免疫機能を補助したりするのが薬の役割であって治すのは結局自分の体だということですね。
それにロキソニンに限らず薬は副作用のあるものが多いです。できるならあまり飲まないに越したことはない。
そういう意味では薬に頼らない根本的な部分を直す努力をしたほうがいいのかもしれませんね。例えば生活習慣の改善だったり食べ物に気を使うとか体作りをするとか。
もちろんそんなものでは対処できないような病気があるのは否めませんが少なくとも改善できるところは改善したほうがいいのは間違いないと思います。
ちなみにマメ知識ですが「毒をもって毒を制する」ということわざは毒の治療をするのに別の毒を使うことからきているそうです。
そう考えると薬ってある意味毒なのではないかと思ってしまいますね。
今回ロキソニンの副作用が新たに分かりましたがもしかすると私たちが普段使用している別の薬にもまだ知られていない副作用がある可能性も否定できないということですよね。
そういう意味でもできるだけ薬に頼らない生活を心がけたほうがいいのかもしれませんね。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です