ハガレン

「鋼の錬金術師」 実写化! 2017年夏に公開予定か

Pocket

月刊少年ガンガンで連載されていた「鋼の錬金術師」が実写化となる事が分かりました。公開は2017年夏頃とのことで期待が高まりますが、あの世界観を実写でどう表現するのか気になるところではありますね。ニコニコ動画などでもネタにされている人気の「ニーサン」は一体誰がやるのだろうか。

スポンサーリンク

★鋼の錬金術師とは?

wikiより引用

幼き日に最愛の母親、トリシャ・エルリックを亡くした兄・エドワードと弟・アルフォンスのエルリック兄弟は母親を生き返らせようと思う余り、錬金術における最大の禁忌、人体錬成を行う。しかし錬成は失敗し、エドワードは左脚を、アルフォンスは自らの身体全てを失ってしまう。エドワードは自身の右腕を代価として、アルフォンスの魂を鎧に定着させることに辛うじて成功したが、自分たちの愚かさに気づく。その後、エドワードは自ら失った右腕と左脚に機械鎧(オートメイル)を装着し、仮の手足を手に入れる。

12歳となったエドワードは国家錬金術師となり、二つ名「」を授けられ、アルフォンスと共に元の体に戻るため、絶大な力を持つ賢者の石を探す旅に出る。しかし、旅先では数々の試練がエルリック兄弟を待っていた。エドワードを「人柱」と語る人造人間(ホムンクルス)や、国家錬金術師を狙う傷の男(スカー)など、謎の敵が現れる。さらには目的を同じくする異国の者たちまで現れ、兄弟の旅は波乱を究める。かつて起こった「イシュヴァール殲滅戦」を巡る陰謀が漂う中、兄弟は絆を深めながら元の体に戻る方法を探し続ける。

私は実はあまり「鋼の錬金術師」を見たことがないんですよね。けど当時学校ではよく話題になっていました。

アニメも放映されていましたがちょうど習い事と被ってみれなかったような気がする。

覚えているのはオートメイルを装着する際に大人でも泣き叫ぶほどの苦痛を味わうってことぐらいかな。

ニコニコ動画ではネタにされたエドワード(ニーサン)はよく見てましたね(笑)

こんな感じ

このポーズがネタとして使いやすかったのかな(笑)

まぁなんだかんだ愛されているんだな!

★主演について

日刊サイゾーによると主演は「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さんが主演と報じているようです。

山田さんは25日公開の「暗殺教室 卒業編」でも主演を演じており、事務所としてはこの「鋼の錬金術師」で日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を狙いたいところだそうです。

マンガの実写化って結構人気だからいけるんじゃないでしょうか。実際このところ実写映画も元ネタがマンガっていうパターンが多くなってきた気がするし。

最近の話題なら「ちはやふる」とかもそうですよね。

まぁ実写化によって元の世界観をブチ壊したりするようなら評価も下がるかもしれないけど需要は結構あるんじゃないかと。

加えて山田さんはジャニーズで二宮さんとか岡田さんとかも映画で成功している前例もあるし十分狙えると思うな。


アニメやマンガの世界を実写で表現するというのも夢があっていいと思います。現実とかけ離れたものほど魅力があるものですよね。

ハガレンの世界観が実写でどう表現されるのか興味もありますし公開されたらぜひ見てみたい!

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です