吉野家の豚丼が復活! 目標は年間2000万食以上!

Pocket

吉野家では過去のBSEの問題以降、牛丼の代わりに豚丼を提供していた時期がありました。11年の12月までで販売は終了していましたが、今回4年ぶりに豚丼を復活させるとの事です。これには利用者から多くの復活要望があったという経緯があります。当時私の学校でも学食の牛丼が豚丼に変わっていたのでなんだか懐かしいな。

スポンサーリンク

復活した豚丼の価格は?

豚丼の復活は4月6日からとなっています。値段については当時販売されていた金額を継承し、並盛が330円、アタマの大盛が430円、大盛が500円、特盛りが630円となっているそうです。ちなみに12日までは30円割引のセールも行われるとか。
牛丼や豚丼の魅力としてはやはり安いということでしょう。もちろん味のほうもおいしいですけどね(笑)
大盛りでも500円と安価で食べられるし結構満足できる量が出て来ると思います。
吉野家の社長さんいわく、目標は年間2000万食以上出す事なんだそうですよ。
豚丼には豚丼にしかない味わいがあります。この機会にぜひまた食べてみたいですね。

吉野家隠しメニューについて

さて、ご存じの方も多いと思いますが実は吉野家には隠しメニューというものが存在します。ただ、全国どこでもというわけではないので強要はできません。
豚丼を頼むときにも通用するはずですのでここでおさらいをしておきましょう。
「NAVERまとめ」より引用

・つゆだく:丼の汁多め
・つゆだくだく:丼の汁かなり多め
・つゆぬき:丼に汁を入れない
・ねぎだく:ネギ多め
・ねぎぬき:ネギ無し
・かるいの:ご飯少なめ
・頭の大盛:ご飯少なめ、肉多め
・頭の特盛:ご飯少なめ、肉かなり多め
・肉下:肉の上にご飯
・つめしろ※:ご飯を冷たく
・とろだく※:脂身の多い肉多め
・お湯割り ※:味噌汁のお湯多め、味薄く
・赤多め※:脂身少なめ
・とろぬき※:脂身なし
(※ 築地店のみ)

つゆだくとかだくだくは私の地元で以前食べた時には通用しましたので大丈夫かと思います!
ちなみに築地店は吉野家の1号店で何十年も通う常連さんも多かったから他の店舗より細かい注文ができるのだとか。
今でこそ大手チェーン店となっていますがそれはお客さんを大切にしてきたことの積み重ねによる賜物なのかもしれませんね。
いかがだったでしょうか。豚丼食べたくなってきましたか?(笑)
吉野家を見かけたら是非お店に足を運んで食べてみて下さいね!
最後までご覧いただきありがとうございました!
よろしければソーシャルボタンで共有をして下さると嬉しいです!

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です