相次ぐ値上げ 家計簿をつけて乗り切ろう!

Pocket

新年度が始まる今日4月1日を境に各社商品の値上げが相次いでいます。私たちとしては値上げされるとさらに家計が圧迫されて辛いものがありますよね。そこで必要になるのが家計の状況を一目でわかるようにする事だと思います。そうすることで家計にある無駄を見つけることができ、改善に役立ちます。今日は家計簿の付け方について考えてみようと思います。

スポンサーリンク

家計簿は簡単にできる

事業を営んでいる人には馴染み深い帳簿ですが一般の家庭ではつけてないところも多いと思います。用は何にどれくらいのお金がかかっているのかが分かればいいのです。
今はネット上で無料の家計簿とかもあり、やり易くなっていますが別に難しいものではないので紙に書いてもいいです。
毎日帳簿に書くのは面倒という方は領収書を取っておいて月の終わりに集計すればいいのです。領収書のないものについては紙にメモしておくとかするとなおよいですね。
私としては内訳は分かったほうがいいと思うのでこまめに付けることをお勧めしますがね。
例としてこんなものを作ってみました。
家計簿.jpg
金額や科目は適当ですがこんな感じで出たお金と入ったお金をまとめることでどれくらいのお金が手元に残るかが分かります。
この場合赤字なのですぐになんとかしないとヤバイパターンです(笑)
ちなみにこの表で見るとお小遣いが高いので削るといいのですがご主人がかわいそうなので問答無用で削るのは勘弁してあげて下さいね(笑)
家庭とは関係なくても仕事上の付き合いとかで必要な時もあると思うのでその辺も考慮してあげたほうがいいでしょう。
もちろん家計が苦しいのに遊んでばかりいるようなら減らされても仕方ないですけどね!
他に考えられる部分としては食料品の部分ですが、おやつとかサプリとか無駄遣いしている部分がないかよく考えてみて下さい。
領収書でその部分を合計してどれくらい使っているかを把握して多すぎるなら削ってもいいでしょう。
こんなふうに家計簿をつけることによって生活する上で必ず必要な部分とそうでない部分が見えるようになるはずです。
不要な部分を削ってそれでもまだ赤字になるようであれば別の収入源を考えるとか生活そのものを見直す必要があるかもしれませんね。

節約とは

節約とは必要なものを削る行為ではなくていらない部分を削ることを意味しているのだと思います。私も実は浪費している部分があってタバコとか酒とかを買ってしまうんですがこれらはいわば嗜好品であって必ず必要なものではないですよね?
まずはそういったものを必要なくするように心掛けることから始めたらいいのではないでしょうか。
それでも足りないという時は苦肉の策として食事を減らすとかできるだけ電気を使わないようにするとかしたほうが精神的にも楽だと思いますよ。
もちろん全部できるならそれだけお金も浮くでしょうけど結構辛いと思うな。
まぁとりあえずは家計簿をつけて家族でそれを共有することで今どういう状況にあるのかは理解できるはずです。
いかがだったでしょうか。何かの参考になれば幸いです。今まで家計簿をつけたことがないという人は是非一度やってみてご自分の家庭の状況を把握してみてください。
今まで見えなかったものが見えるかもしれませんよ。
最後までご覧いただきましてありがとうございました!
よろしければソーシャルボタンでの共有をしていただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です