ペットの野球観戦券 200枚完売! 「Bsペットデー2016」

Pocket

近年では我が子同然となってきたペットですが、ついに野球業界でもペット待遇に動きが出てきました。なんと野球の試合をペットと一緒に観戦できるというのです。限定200枚しかなかったチケットですが全て完売しており、犬198頭、猫2頭が参加しました。今日はこの「Bsペットデー2016」というイベントについて見てみたいと思います。

スポンサーリンク

「Bsペットデー2016」とは?

野球観戦特別チケット「わんにゃんチケット」を購入することで犬や猫などのペットと一緒に野球を観戦できるというイベントでした。野球業界としては初めての試みでしたが限定200枚全てが完売というまずまずの滑り出しではないかと思います。
チケットは球団公式サイト「Bsオンラインチケット」で販売されました。
試合は4月17日に行われ、オリックス・バッファローズと埼玉西部ライオンズの対戦、場所は「ほっともっとフィールド神戸」で行われています。
参加者特典として、試合開始前にペットと一緒にグラウンドを散歩することもできるということでした。
その他にもペットと楽しめるブースや抽選会などのイベントも開催され、ペット愛好家にはうれしいイベントとなっています。
ただ、ペットを連れているとトラブルの元になることも多いので色々と制約はあるようですね。リードの着用はもちろんのこと、糞尿の処理や他の観戦者に迷惑にならないようにするとか。
まぁペットを飼っているなら当然の責任だと思うしあたりまえのことを当たり前にやれば問題ないですね。
特に野球観戦では大きな音がなったりしますので普段の環境と違うため、ペットが思わぬ行動を取るかもしれないという意識があればいいと思います。
今後こういうペットと一緒に楽しめるイベントが増えていけば動物好きには嬉しいんですけどね。

ペットを連れていく時の悩み

私も犬を飼っていて一緒に遠出したりしますが、常に頭をよぎるのが他人に怪我をさせてしまうことです。部下の失敗は上司の責任と言うように、ペットの不祥事は飼い主の責任となります。
いくらしつけをしているとはいえ、動物の行動は予測できない部分というのがあり、絶対安全とはいいきれないものです。
テレビ番組でそういった事故が特集されることもありましたね。
よって、飼い主はペットから目を離してはいけないのです。
私も犬を連れているとたまに子どもなんかが大声で叫びながら近づいてくることがあります。
ああいうときが一番ヒヤヒヤしますね。
動物への接し方を知らない人は大抵頭をなでようと犬の上から手を伸ばすのですがあれは犬に威圧感や恐怖心を与えるから正直やってほしくない行為です。
だから人が近づいてきた時は首輪に手をかけて常に見ていなくてはならないので心労が溜まります(笑)
そういった理由から、ペットを連れていると野球の試合に集中できないかもと思わなくもないですね、
まぁ野球の試合よりも「ペットと一緒に」というところが重要だからあまり関係はないのかな?
ペットの一生は人間よりも遥かに短いものです。そのためこうしたイベントを活用して出来るだけたくさんの思い出づくりをするといいのではないでしょうか。
そうして亡くなった時に少しでもペットと過ごした日々を思い出せるツールとなればペットにとっても人間にとっても決して無駄にはならないと思いますけどね。
最後までご覧いただきありがとうございました!
よろしければソーシャルボタンで共有をお願いします!

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です