井上地震

井上晴美 ブログ批判で配信やめる 「これ以上の辛さはごめんなさい」

Pocket

女優の井上晴美さんは先日の熊本地震によって家が全壊してしまうというアクシデントにあってしまい、自身のブログで情報を発信していましたが、批判的な意見もあり精神的に辛いのか「これ以上の辛さはごめんなさい」と綴り、今後ブログの配信をしない旨を明かしました。被害にあった人が一番辛い思いをしているのに追い打ちをかけるというのもちょっとかわいそうな気がするな。

スポンサーリンク

★批判の内容について

どうやら井上さんはファンから支援物資を送りたいという旨を聞いたけど家が全壊しているので送り先が問題となってくる。そこで福岡の友人宅に送ってもらうよう手配したけど福岡から熊本への輸送も問題でネット上でアドバイスを求めていたんだとか。

それに対してネット上の反応は

・ブログしてる暇があるなら~

・生活力なさすぎ

・避難所に行け

・自己中心的だ

・金持ってんだから~

などとちょっと厳しい意見が出ていたようです。

批判が多いのは芸能人だからというのも理由のひとつでしょうしブログは収入に繋がるし震災後のテレビ取材のギャラなども入ってくる可能性があるのでこういった批判が多くなるのでしょうが被害にあった人に対してちょっと厳しすぎるんじゃないかと思わなくもない。

ネット上ではこういう批判は珍しくもなんともないのですが被害にあった直後ということで精神的にも追い詰められているでしょうから余計にダメージを受けちゃうのでしょうね。

とはいえ、今の状況でブログ批判なんて気にするなという励ましをするほうが酷かもしれませんね。

★人間の心理の難しさ

今回の件で批判はするなと言っているわけではなくて、状況を考えようというのが私の意見です。人間の心理というのは難しいもので励ましたつもりが逆に追い詰めてしまうといったケースもあります。

それだけ人間の精神構造というのは複雑に出来ているんですね。

今回の場合は被害にあってしまっているわけですから少なからず精神が不安定になっていると考えられますし震災直後に批判をする必要はなかったのではないでしょうか。

あえてほとぼりが冷めて落ち着いてから「あの時のあの発言はどうかと思う」というような批判をするほうが本人のためと思いますね。

追い詰めて自殺に追い込んだとなってしまったら批判を書き込んだ人にも後味の悪いものも残ってしまうと思いますし。

まぁそんなことがあってもなんとも思わないような人がいるかもわからんけど。

言うべきタイミングとか言葉を選ぶとか普段の日常生活でも結構重要な事だと感じますね。


ネット上は基本的に自由ですが不特定多数の人が見ているということ、相手も同じ人間であるという事を理解しておいたほうがいいのかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございました!よろしければソーシャルボタンでの共有をお願いします!

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です