教師の首絞める? 学力テスト抜け出しを注意され暴行する中3男子

Pocket

19日に加古川市立中学3年の男子生徒(14)が学力テストを抜け出したことに対して教師が注意したところ、男子生徒は教師の首を両手で掴み壁に押し付けたり絞め付けるなどの暴行を行い、20日に逮捕されました。これだけやられても手を出すことができない教師に対してちょっと同情してしまいますね。教育の在り方についてもう少し考えなければならないのかもしれません。

スポンサーリンク

首絞めは殺人未遂?

人の首を締め上げる行為は普通に考えると傷害とか殺人未遂ですよね。今回の事件の場合は反撃しても正当防衛だと思うのだけれど教師だとそれが適用されないのだろうか。
生徒がそんな危険な行為をしているのに無抵抗でやられっぱなしになるほうが教育的に問題があるような気がしてならない。
学校は子どもたちが将来そうした犯罪を犯さないように学力だけでなく社会性や協調性、道徳心などを学ぶ場でもあるのではないでしょうか。
子どもから好き勝手やられているようならそれらを学ばせるというのは無理ってものでしょう。
人を傷つけても罰せられないなどと子どもが学習して社会に出た日にはとんでもないことになりそうですね。
犯罪行為だと認識できずに行動に移してしまうような大人になってしまったらそれこそすぐに刑務所送りでしょう。
今の日本ではそうした犯罪予備軍を自らの手で増やしているようにしか見えない。
まぁ先生だけの問題じゃなくてモンスターペアレントとか教育委員会とか色々な要因が絡んでいるから面倒な案件なんでしょうけどね。
しかし教師が生徒に対して警察を頼らないといけないような世の中ならもう教育業界もダメかも分からんですな。

最近の子供たちは

こうした問題は全国的にあるようで大変大きな問題となっています。
生徒が教師に対して挑発的なことをするのだそうですよ。
例えば、「教育委員会に言うぞ」とか「殴れるものなら殴ってみろ」とか。
そして教師がその挑発に乗ってしまうと体罰を受けたとかで教師のほうが裁かれる始末。
テレビなどでもよくこうしたニュースが報道されるのでそれを見た生徒たちがさらに調子に乗る。
要するに教師は生徒にものすごく舐められているということに他ならないというわけですね。
そんな相手に言葉だけで解決を図ろうとするのがそもそもの間違いなのかもしれません。
いっその事そんな生徒には即停学とか常習性があるなら退学とかでもいいんじゃないですか。
そんな生徒がいるせいで周りの真面目な子も巻き込むことのほうが問題のような気がする。
そういう生徒は授業の妨害とかもやっているだろうし邪魔になるだけじゃないのだろうか。
そして教師は生徒の親に対してももっと強く出ていいと思う。明らかにめちゃくちゃな事を言う親ならいっそ裁判でも起こしたらいいんじゃないですか。
教育機関がこんな感じでは将来の日本がちょっと心配になりますね。
今のままでは若い世代に出来るだけ関わらないようにしないとトラブルに巻き込まれる元になるかも。
最後までご覧いただきありがとうございました。
よろしければソーシャルボタンでの共有をお願いします!

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です