ノロ 集団感染 熊本

南阿蘇中学校でノロウイルス集団感染! 避難所生活により拡大の可能性大か

Pocket

熊本県南阿蘇村では南阿蘇中学校に避難した25名がノロウイルス集団感染した疑いがあることが分かりました。特に現在は避難生活によって体力的にも精神的にも弱っているはずですのでこうした感染症の被害拡大が心配されるところですね。しかし避難生活を余儀なくされている現在、どのように対策したらいいのか疑問ですね。

スポンサーリンク

★ノロウイルスについて

もうご存じかもしれませんがノロウイルスは極めて感染性の高い病気です。ウイルスを吸い込んだり付着した食べ物を口にしたりすると感染してしまいます。

症状は主に下痢やおう吐という性質もあり、脱水症状になってしまう可能性もあります。ついこの間女性がトイレに行く回数を少なくするために水分補給を少なくするとエコノミー症候群の発症を促進してしまう可能性について報じられていましたが今回の感染症発生によってさらに懸念事項が増えてしまったというわけですね。

特に注意しなければならないのはお年寄りや子供で嘔吐物が喉に詰まったり肺に流れて肺炎を起こしたりするそうです。

また避難生活によって体力が少なくなると症状が重くなってしまう可能性もあるのだとか。

出来ることなら感染しないようにしたいところですね。

★予防対策について

避難所生活では物資も限られていて無駄遣いができないことでしょう。とはいえ、何もしないでいるわけにもいかないですよね。

基本的なことして手洗いうがいはしたいところですが水が使えない場合はウエットティッシュなどで手などを念入りに拭くという対策も有効とのことです。

その他、よく触るふきんや食器などを熱湯で消毒したり漂白剤を使うというのも重要のようです。

それと不調があれば我慢せずに早く見てもらうことですね。変に我慢して他の人にうつしたりするとかえって周りの迷惑になるかもしれません。

症状的にみても避難所生活ではかなり肉体と精神の負担になるでしょうし感染拡大は阻止したいところですね。

あと、避難所ではなかなか思うように休息も取れないかもしれませんが十分な睡眠を取って体力を回復させることも予防に繋がると思います。

こうした病気の拡大についてもおそらく考慮されていると思いますが、マスクなどが支給されているのであれば着用しておけば感染するリスクも少しは抑えられるかも。


実際に被災していない私がどうこう言える立場ではないかもしれませんが情報の配信と言う意味で見て頂ければ幸いです。

避難している人の中にはそういった知識がない方もいるかもしれませんし、被災者同士の情報共有というのも大切なことではないかと思います。

もしそういう情報を知らない人がいたら教えてあげるといいと思いますよ。

最後までご覧いただきありがとうございました。よろしければソーシャルボタンで共有をお願いします!

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です