オートバイ運転の高校生が事故で死亡 二輪に潜む恐怖とは

Pocket

18日に横浜市瀬谷区の県道でオートバイと乗用車が衝突する事故が起こり、二輪を運転していた高校生死亡しました。現場は右折用補助信号のある交差点で、乗用車が右折しようとしたところ反対方向からオートバイが直進してきたところを衝突したようですね。警察では事故当時の信号の状態など確認中とのことです。

スポンサーリンク
どちらが悪いのか?

今のところどちらが悪いとは言い難いですが、事故が起こったということは両者とも確認を怠っていたということなのでしょうね。
教習所では例え目の前の信号が青でも左右の確認をしてから発信するようにと教えられました。
慣れてくると「青だから進む」という風に思いがちですが、実は青信号は「進んでも良い」という意味であると言えます。
例えば交差点があって進行方向すぐのところに踏切がある場合は、車の混み具合によっては交差点の中で停車してしまいますよね。
そうならないように前方にスペースがない場合は交差点内の進行を妨げないように青信号であっても停まらないといけないというわけです。
ちなみに上記のようなやむを得ない理由もなく、青信号でわざと進まないのは道路交通法違反になる場合もあります。
車の運転の際は周囲の状況に気を配り、安全には十分注意して運転しましょう。

オートバイは危険がいっぱい!

二輪の乗り物は体が外に出ている分事故を起こした時は大ケガをするリスクが高くなります。
私の友達は雨の日に踏切を原付きで走っていたらスリップして転倒、しばらく足が動かなくなったそうです。
私自身もオートバイで走っていたら何度かヒヤっとする場面がありましたね。
左車線からウィンカーなしで突然目の前に出てきた乗用車もあったし、私が直進していると右側の駐車場から突然右折車が出てくるとか。
どちらも一歩間違えば大事故になっていましたね。
恐らくどちらの事例も自動車からバイクが確認できなかったというのが原因ではないかと思います。
そうでなければ殺しに来てるとしか思えない(笑)
実際に教習所でも車とバイクの事故については特に注意をするように言われていました。
それだけ二輪の乗り物は見逃しやすいということですね。
ミラーで確認した後に目視での確認もしっかり行いましょう。
今ぐらいの季節がツーリングには気持ちがいい時期ですね。
恐らくバイクで走っている人も多いのではないでしょうか。
事故を起こして悲惨な目にあわないように気をつけたいものです。
最後までご覧いただきありがとうございました!
よろしければソーシャルボタンで共有をお願いします!

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です