自衛官と機密情報

横須賀基地自衛官 USBメモリで機密情報持ちかえり 

Pocket

海上自衛隊横須賀基地に所属している自衛官の自宅から潜水艦のソナー性能などの機密情報が記録されたUSBメモリが見つかったそうです。情報漏えいについてはアニメや映画でもよくネタにされていて、著しく不利になってしまう描写がされてますよね。たかが情報と思うかもしれませんがその情報によってとんでもない事態になる可能性も否めないと思います。

スポンサーリンク

★横須賀基地自衛官について

さて、問題のUSBを持ちだしたとされる自衛官なのですが、横須賀基地の海曹長で未成年の少女を脅迫の容疑があり3月に逮捕されています。

そしてその後強姦未遂などの罪で起訴されているそうです。

それで家宅捜索が入ったところ例のUSBメモリが見つかり、自衛隊法違反の疑いも出てきてしまったというわけですね。

容疑者の自衛官にとっては散々な結果かもしれませんが自衛隊の機密情報ともなれば流出すると色々とまずい気がしますね。

中国なんかではただでさえ日本のパチモンみたいなのが多いですしすぐ解析されてマネされるんじゃないかな。

それが元で情報を得た国が調子に乗って最悪戦争をすることになったら日本はその片棒を担いだということになってしまう。

そんな風になってはいかんだろうし情報の管理はしっかりとする必要があるのではなかろうか。

まして国の機関ならなおさらですよね。

★USBメモリと情報漏えい

私も職業柄USBメモリを使用することは多かったですが案外あれって危ないですよね。

私は経験ありませんが、小型ですし仮に落としたとしても気付きにくい。

それでいて手軽にパソコンの情報を外に持ち出せる便利なものです。

その分情報漏えいの危険性は高くなるのではないかと思います。

忙しい人なんかは持ち帰りと言って自宅や喫茶店などで仕事をすることもあるのではないでしょうか。

そういう時は特に注意しないといけないかもしれませんね。

USBメモリを落とす危険性だけでなく、自宅のパソコンがウイルスによって情報を盗まれるかもしれないし外で作業する時は周りの人間が見ているかもしれない。

そうしたリスクも出てくるので個人的には持ち帰りの仕事はあんまりお勧めはしませんがまぁそれぐらいしないとやっていけない人もいるのかな。

とにかくUSBメモリは便利だけどその分リスクについてもしっかり頭に入れておかないといけないよってことですかね。


国の機関だけでなく、一般の会社でも部外秘、いわゆる企業秘密ってのはかならずあると思います。

情報管理はしっかりしておかないと自分が不利益を被ってしまうことも十分考えられることですので気を付けないといけませんね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!よろしければソーシャルボタンで共有をお願いします!

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です